水と、空気と、ヴィッツなの。
Vitz 1.0F(KSP90)の記録(更新終了)

「う゛」999

カレンダ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
エントリ
コメント
カテゴリ
アーカイヴ
LINKS
サイトサマリ


<< スタッドレスに交換 | main | 燃費計算 Vol.11 >>
冬道だっ!

昨夜、2時半頃に外に出てみたら、雪が降ってたんだよね。その後もどうやら、ちょぼちょぼと降り続いてたらしく。

で、今朝。
車に設置してある外気温計の表示は0.5度。
路面に、微妙に雪っつーか氷っつーか、なんだか冬っぽいのがうっすらと残ってるような状態。要するに、アイスナビNH装着後、初めての冬道なんである。が。


何だこのスタッドレスは。
停止状態からの発進しかり、緩加速・緩減速しかり、右左折しかり、日陰で少しでも冬っぽい感じのところでは、ことごとく滑る。
オイラ、夏タイヤのままだったべか?っつーくらい。
普段デジタルなペダルコントロールしかしないアバウトドライバーなオイラでも、さすがに冬の入り鼻には繊細なペダルタッチを心掛けるわけで、無謀な操作をした結果のホイールスピンやスキッドではないハズ。

余談だが、う゛ーたんのアクセルペダルは、実に緩慢な開閉信号の出力をするセッティングのもので、要するにストロークが非常に長い感じ。対してブレーキは、比較的立ち上がりが早くて強めに反応する感じ。で、発進時のホイールスピンってのは、この長いストロークのユルユルなアクセル操作で、「タイヤが回り始めて少ししてからホイールスピンする」ような印象。ほっそいタイヤ履いた小トルク車のくせに、まるで、ぶっといタイヤ履いた大トルクターボ車の急加速時のようなビヘイビア。(笑

今まで使ってきたスタッドレス、まともなタイヤサイズのブリヂストン製ばっかり(ヨコハマとトーヨーが1回ずつあったな)だった分、165/70R14なアイスナビNHとのギャップが大きすぎるのかなぁ?

っつーワケで。
少なくとも、うっすらシャーベットっぽい、氷点前後の気温の時の路面では、このタイヤはダメダメのようです。
ま、滑りまくってどうもならんとか、アウトオブコントロールに陥るとかっていう程ではないので、気をつけてりゃいいのかも知れないが。
| 雑記 | 22:38 | comments(2) | trackbacks(0) |
| K | 2006/12/01 10:46 AM |
シャーベットが苦手なんでは?
要するにチョットでも水分多い状況ではアブナイと…
もしこの仮説が正しいなら、夏に履き潰す時の雨天は怖いわな。
ってよりなにより、道東や道北のように「極しばれる」ほどではない道南じゃ、シャーベットが苦手って辛くね?
ということで、教訓にさせてもらいます<アイスナビ

そうそう、ブレーキに関しては同じ感じだわ。
ペダルの深さと利きを考えると、浅いところから強めに利き始める。
小さい車で(リアが)ドラムブレーキの特徴かな?とか思ってたり。
俺的にドラム初めてだから、そう思っていたんだが…違うのかな?

| Q | 2006/12/01 12:24 PM |
雨の時に、特段ヤヴァイい感じでもなかったような気もするんだが…通年履くのはイヤ。ウェット時の心配よりも、細い所為もあると思うけど、あまりにグニャグニャの腰砕けで、乗ってて気持ち悪いから。(泣
仰るとおり、特に函館の冬期路面状況を考えると、今の路面でダメだとやっぱり不安だねぇ。積雪時や圧雪、凍結時は、まだ分からないけれども。(分からないけども、強烈に期待薄)
ネットで見つけた性能評価のページでも、アイスナビNHは、軒並み低評価。サイトによっては、まさかの評価対象外。(爆
やっぱりまともなサイズのブリザックに替えた方がいいんじゃないかな…と思う、今日この頃。ちょっと高いけど。

で、ブレーキであるが。
トヨタの広報資料によれば、そもそも短ストローク設定だそうなのだよ。
http://www.toyota.co.jp/jp/tech/new_cars/vitz/parformance/index.html
Fitのも、そういう味付けだったりするんじゃないのかねぇ?










http://vitzblog.saka-q.com/trackback/434442



このページの先頭へ