水と、空気と、ヴィッツなの。
Vitz 1.0F(KSP90)の記録(更新終了)

「う゛」999

カレンダ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
エントリ
コメント
カテゴリ
アーカイヴ
LINKS
サイトサマリ


<< ヘッドライト | main | 一ヶ月経った(2) >>
一ヶ月経った(1)

納車から一ヶ月が経ったのでした。ので。気付いた所を、徒然に。脈絡無く。

・「猫の顔みたい」と言われたこともあるフロントフェイスだが。アタシの印象としてはカピバラ。ま、んなこたどうでもいいんだが、アタシゃこの顔嫌い。っつか、バンパーカバー、大きすぎね?あと。ネッツマークって、どうよ?

・ヘッドライトユニット。ポジション球を除き、バルブ交換しやすくはない。イマドキの車はみんなそうなんだろうけれども。

・ウェストラインのキャラクタは「ディアブロか」っつー感じ(違)であるが、この特殊な傾斜がまたアタシの感覚を狂わせてくれて。駐車の時、まっすぐ駐めれないし。ま、慣れの問題なんだろうけど。

・アウターミラーの前にある固定窓。無いよりは視界が広いのは間違いないんだが、見たいところが見えない感。やはり、Aピラーが太いのかのぅ?っつか、アタシのシートポジションがおかしいのか。

・アウタードアハンドル周り。無意味なプレスの入った造形ではあるが、グリップタイプってのはやっぱり使い勝手がいい。

・アウターミラーは、縦方向に大きいので、思いの外視野が広い。欲しいのは横方向の視界だったりするような気がするが。

・給油口からタンクまでのパイプ。腐れギャラ子はパイプが剥き出しのままホイールハウス内を通ってるような『なんじゃこりゃな構造』だったが、ヴーたんのはカバーが付いてて、『当たり前の構造』になってるので、ちょっと安心。(笑


| インプレ | 16:03 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。



このページの先頭へ